講演・視察  >寄付について  >メディアの皆様
クリエイトとは? 事業内容 参加者募集 実績
クリエイトまち塾参加者(高校生) 運営スタッフ(学生・社会人) サポーター会員 聴講
保護者の皆さまへのご案内

1.お子様を最優先にした運営
私たちのNPO法人の最優先事項は「参加高校生の成長」です。法人の成長や利害のためにこれが後退してはいけないと考えています。

  • カリキュラム編成による活動実施
    クリエイトで実施される活動は、理念・目標の下に計画的に実施しています。「年間カリキュラム」は参加者の成長に資する活動にするべく事務局が年度初めに策定しています。年度途中で舞い込んでくる活動もありますが、内容を精査の上、年間カリキュラムに即しているかを常に確認しています。
  • 指導担当によるメンバー把握
    お子様の成長のためにお子様の変化に常に気を遣っています。副担任や担任は参加時に記入していただく参加者調書等を通じてクラスメンバーについてもちろん把握していますが、他のスタッフもすべての高校生の特性を理解し、積極的に声をかけています。副担任は公募制としており、事務局による選考を経て適切と認められる学生が協力しています。
  • 事務局とお子様の理解を深める定期面談
    クリエイトでは年2回の定期面談を大切にしています。どれだけ関係が深くても日常の会話の中で、進路や悩みについて話せる機会は多くありません。面談では活動や進路の相談に留まらず、学習や学校生活などについても積極的に聞くようにしています。
2.学業との両立
高校生は学業が最優先です。
クリエイトの活動により成績が大幅に下がり進路達成の支障になることはあってはならないと考えています。私たちは活動を通じて勉強に対するモチベーションを高めるとともに、様々な支援を通じて、お子様の学力向上にも貢献してまいります。
  • 副担任・事務局によるフォローアップ
    まち塾の講義はテスト前に活動が行われないように配慮しています。また、高校生から相談や要望があれば、副担任・事務局がボランティアの一環として可能な限り学習についても相談に応じています
  • 学業成績持ち直しのための参加資格休止制度
    学業成績が大幅に下がったり、各種入試への準備が必要となるなど、参加者の事情にあわせて一定期間、学業に専念できるように、参加資格を休止し、クリエイトまち塾の活動を休むことができる参加資格休止制度を用意しています。
3.お子様の安全確保
クリエイトの活動はお子様の安全確保の大前提のもとに展開されています。
  • 適切な安全管理体制
    危機管理マニュアルが整備
    されているほか、スタッフは救急救命講習を受講し、緊急事態時にもスタッフが機動できるようにしています。また、活動中の軽微なケガにも対応するべく救急・応急用具が用意されています。
  • 現場責任者の設置
    すべての実践活動において現場責任者を配置し、適切な安全管理を行っています。帰宅が遅くなる際には、帰宅手段を確保するなどして、帰宅時の安全にも配慮しています。なお、クリエイトの活動は遅くとも20時に完全に終えるようにしています。これより早い時間に帰宅することも可能ですので、その際はお子様へお託けいただければと思います。
4.積極的な情報提供
クリエイトは保護者の皆様に向けて積極的に情報提供やご意見を伺う機会を設けております。
  • 保護者向けクリエイトだよりの発行
    保護者の皆様に向けて活動報告を掲載した小冊子を季刊発行し、お手元にお送りいたします。
  • 保護者の皆様とのコミュニケーション
    毎年3月に「成果発表会」を開催しており、多くの保護者の皆様にご出席いただいております。一年間の活動の成果を高校生自らがプレゼンテーションする機会となっており高い評価をいただいております。(2019年度は、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の観点から中止となりました。)

新型コロナウィルス感染症の拡大を受けて、「基本運営方針」を策定し、当面の間、集合した活動を行わないなど、適切な対応を講じてまいります。また、同感染症の拡大動向により、プログラム・カリキュラムの一部が変更となることがあります。基本運営方針は、こちらからご覧いただけます。
アクセス  >お問い合わせ メンバーの皆さんへ
Copyright © 2014- Aomori Wakamono project CREATE All Rights Reserved.