講演・視察  >寄付について  >メディアの皆様
クリエイトとは? 事業内容 参加者募集 実績
これまでの活動 沿革 メディア掲載
これまでの活動
2015年度
・テーマ「地域を磨け!チャンスを活かせ! ―北海道新幹線開業に挑む まちづくりー」
北海道新幹線がいよいよ2016年3月に開業します。本県にとって八戸開業(2002年)、全線開業(2010年)に次いで3度目となる本開業は新幹線開業の様々な効果を享受できる最後のチャンスとなります。北海道新幹線を活かして青森市や青森県、あるいは中心商店街はどのような取り組みをしていけばいいのでしょうか。
開業によって変化する観光客の意識・ニーズ・客層などに着目することで新たなヒントが見えてきます。高校生の柔軟な発想を駆使した豊かな提案がなされることが期待します。
・概要
 元来、商店街は地域コミュニティの拠点としても機能してきた。商人と消費者互いに顔を覚え、会話を交わしながらの取引は、両者を安心させ、社会的存在感を得てきたように思える。しかしながら、大型SCが台頭し、人びとは郊外の大型店に流れてしまい。商店街の魅力は失われつつある。このような課題に直面しているから現代においては、地域コミュニティ機能を重視した地域運営が必要となる。
 ところで、核家族化が進み、他者への関心が希薄になっている現代では、特に若い世代を中心として「心のよりどころ」を逸してしまいやすい環境にもある。特に中高生は学業や部活に忙殺されてしまい地域の人びとと関わる機会が少ない状況だ。昔は、近所の人びとが子どもに寄り添うという光景が見られたが、最近ではそのようなことも少ない。このことから、現代社会においては、若い世代が、家族以外の心のよりどころとなる地域コミュニティが必要となっていると我々は考える。
 今年度は「クリエイトまち塾」を中心として商店街を学校に見立てることで、商店街の商店主と高校生を結び付け、これまでにない地域コミュニティを創出すること目指す。
・活動内容
2015年 4月27日 砂浜造成を通じて地域づくりを行うプロジェクトが始動しました。
2015年 4月26日
クリエイトまち塾を模擬講義を開講しました。
2015年 5月24日
第12回クリエイトまち塾を開講しました。
2015年 6月14日
駅前ビーチ予定地で高校生らが砂入れ体験をしました。
2015年 6月14日
第13回クリエイトまち塾を開講しました。
2015年 7月11日
市民約100人らと駅前ビーチ予定地でアマモを移植しました。
2015年 7月11日
駅前ビーチの成功に向けて高校生がアイデアを出しあいました。
2015年 7月12日
第13回あおもりマルシェで高校生メンバーがコーヒーを提供しました。
2015年 7月20日 第14回クリエイトまち塾を開講しました。
2015年 8月 1日 駅前ビーチのクルー募集に向けキャラバンを実施しました。
2015年 8月 2日~ 4日
青森産直・決め手くん市場に出店、観光客と交流を図りました。
2015年 8月10日
第15回クリエイトまち塾を開講しました。
2015年 8月 9日
第14回あおもりマルシェでアイスコーヒーを提供しました。
2015年 8月23日
第18回しんまちふれあい広場で司会を担当しました。
2015年 9月13日
第16回クリエイトまち塾を開講しました。
2015年10月 3日
青い森のハロウィン しんまちフェスタに協力しました。
2015年10月10日
第17回クリエイトまち塾を開講しました。
2015年10月11日~12日
第16回あおもりマルシェに出店 ホットコーヒー220杯を販売しました。
2015年10月24日
ふくしま復興大使がクリエイトを視察しました。
2015年11月 8日
第18回クリエイトまち塾を開講しました。
2015年12月26日
第19回クリエイトまち塾を開講しました。
2016年 1月11日
第20回クリエイトまち塾を開講しました。
2016年 2月27日
第21回クリエイトまち塾を開講しました。
2016年 3月13日
第22回クリエイトまち塾を開講しました。
※「クリエイトまち塾2015(Unit A)~実践活動と学びを中心とした地域コミュニティの誘発をめざして~」は、2015年全労済地域貢献助成金に採択され実施したものです。
※「クリエイトまち塾2015(Unit B)」は、独立行政法人国立青少年教育振興機構 平成27年度子どもゆめ基金助成金に採択され実施したものです。
※「中心市街地で「青森の食」発信事業」は、青森市まちなかフィールドスタディ支援事業補助金に採択され実施したものです。

2014年度
・テーマ「地域を知れば、世界が広がる ― わたしが拓く、青森の未来 ―」
・概要
 元来、商店街は地域コミュニティの拠点としても機能してきた。商人と消費者互いに顔を覚え、会話を交わしながらの取引は、両者を安心させ、社会的存在感を得てきたように思える。しかしながら、大型SCが台頭し、人びとは郊外の大型店に流れてしまい。商店街の魅力は失われつつある。このような課題に直面しているから現代においては、地域コミュニティ機能を重視した地域運営が必要となる。
 ところで、核家族化が進み、他者への関心が希薄になっている現代では、特に若い世代を中心として「心のよりどころ」を逸してしまいやすい環境にもある。特に中高生は学業や部活に忙殺されてしまい地域の人びとと関わる機会が少ない状況だ。昔は、近所の人びとが子どもに寄り添うという光景が見られたが、最近ではそのようなことも少ない。このことから、現代社会においては、若い世代が、家族以外の心のよりどころとなる地域コミュニティが必要となっていると我々は考える。
 今年度は「クリエイトまち塾」を中心として商店街を学校に見立てることで、商店街の商店主と高校生を結び付け、これまでにない地域コミュニティを創出すること目指す。
・活動内容
2014年 6月 1日 NPO法人あおもりラジオくらぶと包括的連携協定を締結しました。
2014年 6月 1日 第1回クリエイトまち塾を開講、クリエイトまち塾をスタートさせました。
2014年 6月28日 第2回クリエイトまち塾を開講し、クラス制度が始動しました。
2014年 7月 5日 学生チョイスの県産品を販売するあおもりわんつか市場を行いました。
2014年 7月18日 首都圏で青森の就職情報を提供する第3回青森ゼミナールを開催しました。
2014年 7月20日 「究極のプレゼン」をテーマに第3回クリエイトまち塾開講しました。
2014年 8月 9日 青森市内の留学生を招いて第4回クリエイトまち塾を開講しました。
2014年 9月23日 地域に開かれた活動をめざして「クリエイト参観日」をはじめて開催しました。
2015年10月18日 “自己理解”をテーマに第6回クリエイトまち塾を開講しました。
2015年10月18日 高校生カフェSeedを青森市内に開業、期間限定営業を行いました(~3月○日)。
2015年10月18日 「地域再生の罠」著者を招き、第10回クリエイトまち塾(公開講座)を開講しました。
2015年10月18日 クリエイトOB・OGを迎えて第8回クリエイトまち塾を開講しました。
2015年10月18日 シンガーソングライター近藤金吾さんを招いて「言葉のチカラ」を題した第9回クリエイトまち塾を開講しました。
2015年10月18日 「地域再生の罠」著者を招き、第10回クリエイトまち塾(公開講座)を開講しました。
2015年10月18日 大館市の高校生とともに高校生カフェSeedの交流営業を行いました。
2015年 3月 8日 2014年度成果発表会(第11回クリエイトまち塾)を開催しました。
※「実践活動と学びを中心とした地域コミュニティ誘発事業」は、公益財団法人青森県市町村振興協会地域づくり推進ソフト事業助成金に採択され実施したものです。

任意団体(あおもり学生プロジェクト クリエイト)時代
2013年度
・テーマ「元気な街を、創る。― 私たちが主役の地域活性化 ―」
・概要
 あおもり学生プロジェクト クリエイトは2013年度、「元気な街を、創る。―私たちが主役の地域活性化―」をテーマに活動を展開します。ここでいう「私たち」には2つの意味があります。一つは、地域住民という意味です。まちづくり活動は行政や商工団体が主体となって行われることが多いですが、地域住民が主役であることが、あるべき姿であると考えます。クリエイトではそのあるべき姿を再確認し、地域住民の一員として、地域住民が主役である活動を行っていきます。もう一つは「クリエイトメンバー」という意味です。昨年度の活動を振り返ると、活動に対する姿勢が消極的なメンバーが見受けられました。このため、今年度はメンバー一人ひとりが主役として、主体的に取り組んでいきたいと思います。以上のことから今年度のテーマに起用しました。
・活動内容
※あおもり高校生カフェ事業のホームページはこちらからご覧いただけます。
2013年 5月 1日 クリエイト事務局開所式を挙行しました。
2013年 5月 5日 AOMORI春フェスティバルに協力しました。
2013年 5月19日 キックオフワークショップを実施しました。
2013年 6月 8日 「高校生カフェABC」を創業しました。
2013年 6月29日 第0回青森ゼミナールに協力しました。
2013年 7月14日 第5回あおもりマルシェに出店しました。
2013年 8月 2日~ 6日 青森産直決め手くん市場に出店しました。
2013年 8月 5日 「くまもとから元気をプロジェクト」に協力しました。
2013年 8月10日 キューティーブロンズ特別授業を開講しました。
2013年 8月11日 第6回あおもりマルシェに出店・協力しました。
2013年 8月20日 「RadioCityAugA」に出演しました。
2013年 8月23日 青森学現地講座を今別町で開催しました。
2013年 8月25日 第16回しんまちふれあい広場に技術協力しました。
2013年 9月 3日 新城中学校の生徒が事務局を職場訪問に来ました。
2013年 9月15日 第7回あおもりマルシェに出店・技術協力しました。
2013年 9月14日~15日 中南地域県民局と初の共同事業がスタートしました。
2013年 9月15日 第1回青森ゼミナールに協力しました。
2013年 9月22日~23日 新町商店街文化祭に高校生カフェを出展しました。
2013年10月 6日 青森市子ども会議のメンバーと意見交換をしました。
2013年10月12日 青森公立大学学園祭で講演をしました。
2013年10月13日~14日 第8回あおもりマルシェに出店・技術協力しました。
2013年10月14日 高校生最強カレー王選手権大会を主催しました。
2013年10月19日~29日 ワカモノ温泉旅促進事業第2回合宿に参加しました。
2013年11月 2日~ 4日 下北地域教育旅行モニターツアーに参加しました。
2013年11月 9日~10日 青森人の祭典に出店しました。
2013年11月16日~17日 第31回地域づくり団体全国研修交流会に出席しました。
2013年11月23日~24日 大学生が黒石温泉郷活性化にむけた政策を提言しました。
2013年12月16日 第2回青森ゼミナールに協力しました。
2013年12月22日 「みんなであったか鍋まつり」を共催しました。
2013年12月28日 高校生がつくる中心商店街MAPを発行しました。
2014年 1月 7日~ 8日 上野駅「のものマルシェ」で販売実習を実施しました。
2014年 1月13日 久保田理事長が福岡県宗像市で中学生に講演しました。
2014年 2月 1日 こけしコンin WhiteBoxを開催しました。
2014年 2月19日 大学生による青森県産品取材を実施しました。
2014年 2月22日 青森ゼミナール春休みスペシャルに協力しました。
2014年 2月23日 あおもり高校生カフェ事業報告会を実施しました。
2014年 2月23日 理事長が青森県地域づくりフォーラムに登壇しました。
2014年 3月 1日 「あおもりわんつか市場」に協力しました。
2014年 3月10日 平成25年度成果発表会を開催しました。
2014年 3月10日 法人化記念シンポジウムを開催しました。
2014年 3月16日 中泊町の高校生と共同で商品開発合宿を実施しました。
※「高校生最強カレー王選手権大会in青い森鉄道」は青い森鉄道線利活用推進協議会の青い森鉄道線利活用支援事業助成金に採択され実施したものです。
※「あおもり高校生カフェ事業」は、公益財団法人青森県市町村振興協会地域づくり推進ソフト事業助成金に採択され実施したものです。

※「社会参加型子どもの居場所づくり事業」は青森県から事業委託を受けて実施したものです。

2012年度
・テーマ「元気な街を、創る。― 和協のこころで地域活性化 ―」
・概要
 あおもり学生プロジェクト クリエイトは2012年度、「元気な街を、創る。―和協のこころで地域活性化―」をテーマに活動を展開します。「和協」とは仲良くして力を合わせるという意味です。和協の心意気こそ地域活性化に必要なのではないかと考え、高校生メンバーが合議の上、今年度のテーマに起用しました。
 今年度から活動方式をこれまでのプロジェクト方式から、個々に活動を展開していくグループ方式に変更します。5つのグループがそれぞれのテーマに即した活動を行うことで、より効果的なまちづくり活動を展開していきます。
 特に、青森市中心商店街・新青森駅周辺の活性化活動、青森の魅力発信、活動を通じた人財育成の4つを重点活動事項に掲げて活動を行います。
・活動内容(活動要覧も併せてご覧ください。)
2012年 5月 4日~5日 第7回AOMORI春フェスティバルに参加しました。
2012年 6月10日 2012 キックオフワークショップを実施しました。
2012年 7月 8日 第1回あおもりマルシェに参加しました。
2012年 8月 2日~6日 青森産直決め手くん市場に出店しました。
2012年 8月12日 第2回あおもりマルシェに協力・出店をしました。
2012年 8月26日 第15回しんまち ふれあい広場に協力をしました。
2012年 9月15日 あおもり10市大祭典に出店をしました。
2012年 9月19日 エナジーオブクリエイトの収録を実施しました。
2012年 9月30日 第1回A-1グランプリ表彰式を実施しました。
2012年10月 6日 青い森のハロウィン~しんまちフェスタ~に参加しました。
2012年10月14日 第4回あおもりマルシェに協力・出店しました。
2012年11月23日 活動方針検討ワークショップを実施しました。
2012年12月 4日 「クリエイトを知る勉強会」を開催しました。
2012年12月 8日 新青森駅開業2周年イベントに協力しました。
2012年12月15日 しんまち逸品ツアーを見学しました。
2012年12月23日 あぴねすクリスマスイベントに協力しました。
2012年12月23日 子ども交流グループがイベントを主催しました。
2012年12月29日 NPO法人あおもりラジオくらぶとの連携協定締結式を実施しました。
2012年12月29日 あおもり話題チャンネル記者講習会を実施しました。
2013年 2月 3日 目指せ!第二代鍋横綱コンテストに出店・協力しました。
2013年 2月18日~19日 「青森の魅力開拓ツアー」を実施しました。
2013年 3月10日 平成24年度成果発表会を開催しました。
2013年 3月16日 新青森駅ダイヤ改正イベントに協力しました。
2013年 3月17日 北彩館東京店で催事「青森の魅力を販売!」を主催しました。


2011年度
・メインプロジェクト「届け!あおもりの元気発信プロジェクト」
・テーマ「若者と大人が協働できる地域社会を目指して」
・概要
 昨年12月に東北新幹線は開業しましたが、3月11日に発生した東日本大震災による全国的な自粛ムードや風評により、青森観光の需要は激減しました。首都 圏や西日本では、今回の震災で青森県が実際受けた被害を過大に捉えている人もおり、観光需要低下に拍車をかけています。そこで今年度は、青森の観光資源な どと共に、青森が元気であることを全国に発信して、観光需要を盛りたてたいと考えました。その思いをもとに企画した「届け!あおもりの元気発信プロジェク ト」は以下の活動を通して、高校生が青森の元気を全国に発信するものです。
・活動内容(活動要覧も併せてご覧ください。)
2011年 5月 4日 第6回AOMORI春フェスティバルに参加しました。
2011年 6月11日 SL津軽路号おもてなしイベントに協力しました。
2011年 8月 2日~6日 しんまちまちなかラジオ局を開局しました。
2011年 8月27日 青森駅前公園で街頭インタビューを実施しました。
2011年 9月 1日 三村申吾青森県知事にインタビューしました。
2011年10月 8日 青い森のハロウィン光のパレードに参加しました。
2011年10月22日~23日 あおもりICTクラウドフェスタに出展しました。
2011年12月 4日 三村申吾青森県知事出演番組にゲスト出演しました。
2011年12月29日 地域サポーター(OB/OG)忘年会を実施しました。
2011年12月29日 ビジョン策定ワークショップを実施しました。
2012年 3月 4日 新青森駅ラジオ放送に制作協力をしました。
2012年 3月 4日 平成23年度最終講義を実施しました。


2010年度
・メインプロジェクト「メディアで地域再発掘プロジェクト2010」
・テーマ「感動をもっと。」
・概要
 2010年12月、青森市民念願の東北新幹線新青森駅が開業する。新幹線延伸は、観光客を増やし、わが市が「観光大国」となる大チャンスである。しかし、 今の青森市は開業に対応できないだろう。なぜならば、青森市には「ねぶた」以外の目立った観光資源がないからだ。肝心の青森市民の意識が全く足りないというのも理由のひとつだ。
 このままでは、新幹線延伸という千載一遇のチャンスを無駄にしてしまい、人口は減少の一途を辿るだろう。せっかくなら私たちが大人になったとき、子どもに「ふるさと青森は見所いっぱいの楽しい街なんだぞ」と言えるような街にしたい…という切なる願いから青森市の有志の若者が立ち上がった。観光資源がないのではなく隠れた観光資源に気づいていないだけだ。それを我々が掘り起こせばいい、市民の意識が足りないなら自分たちで市民の意識を高めればいい。そして生まれたプロジェクトが「メディアで地域再発掘プロジェクト」だ。
 2009年度に開始した当プロジェクトも2年目を迎える。1年目 の経験を基に2010年度は①観光情報新聞の発行②観光情報のテレビ・ラジオ番組を制作しインターネットで配信③市民に対し新幹線延伸に向け意識を高揚さ せる目的のキャンペーンを実施④行政へ観光に対する私たちの意見を提案、この4つを行うこととする。
 当プロジェクトは、青森市を観光大国にして経済を自立させることにより、青森市の活性化をねらうものである。
・活動内容
2010年 5月 4日~5日 「第5回AOMORI春フェスティバル」へ総合司会として参加しました。 
2010年 8月12日 プロジェクトの一環としてnico nico FMを開局させました。
2010年 8月22日 「しんまちふれあい広場」に参加しました。
2010年11月27日 「高校生がつくる東北新幹線開業前夜祭」スタッフ交歓会を開催しました。
2010年12月 3日 「高校生がつくる東北新幹線開業前夜祭」を開催しました。
2011年 2月 6日 「初代鍋横綱コンテスト」へ総合司会として参加しました。
2011年 3月24日 進路達成・高校卒業祝賀会を実施しました。


2009年度
・メインプロジェクト「メディアで地域再発掘プロジェクト」
・テーマ「感動をもっと。」
・概要
 高齢化社会における孤独死問題、一人暮らし世帯の孤立。青森市への観光客の減少。前者は、身近に頼れるものが必要で、後者には魅力的な観光案内が必要だと感じた。そこで私たちは、メディアで地域再発掘プロジェクトを起案した。
 主な活動としては、ミニFMという形態でのラジオ局の放送・運営、及び、観光客向け観光情報のミニFM・インターネットを通じた提供である。ミニ FM(あおもりアートエフエム[仮称])では、地域に根ざした情報番組や我々高校生が企画した番組の放送、夜間にはホテル滞在者向けの観光情報の番組を放 送する。観光情報の番組はネットでも聞けるようにする。インターネットサイト(あおもり話題チャンネル[仮称])では高校生の視点で取材した観光情報を掲 載したり、ホットな観光情報を新聞形式(PDFファイルを予定)で掲載する。
 本プロジェクトは新たな地域メディアのあり方と、観光情報の新たな発信手段について提唱するものである。
・活動内容(活動要覧も併せてご覧ください。)
2009年 4月1日 発足式を開催しました。
2009年 4月18日 トヨタ財団地域社会プログラム助成金贈呈式に出席しました。
2009年10月31日 事務局舎での合宿を実施しました。
2010年 2月24日 プロジェクトの一環として「伝えるコツを身につけよう」スキルアップセミナーと地元新聞社の見学会を実施しました。
※当プロジェクトは財団法人トヨタ財団地域社会プログラム特定課題(ユース)に採択され実施したものです。
アクセス  >お問い合わせ メンバーの皆さんへ
Copyright © 2014- Aomori Wakamono project CREATE All Rights Reserved.