講演・視察  >寄付について  >メディアの皆様
クリエイトとは? 事業内容 参加者募集 実績
高校生の活動 クリエイトまち塾 大学生の活動 まちづくり事業
クリエイトまち塾
クリエイトまち塾トップページ クリエイトまち塾のポイント クリエイトまち塾の流れ クリエイトまち塾の実際
日頃の活動で…

実践活動
プロジェクト別に分かれて日常的に活動を行なっています。また下記以外に単発のイベント協力などもあり、活動は多岐にわたります。これら日頃の活動がクリエイトまち塾のベースとなります。
  • あおもり駅前ビーチプロジェクト
    青森県が進めている青森駅前干潟の造成事業に関連して、住民主体で取り組みを進めるべく、様々な企画を検討し実施しています。
  • LINE@プロジェクト
    SNSサービスを活用して商店街の魅力を発信するプロジェクトです。
  • 英訳商店街マッププロジェクト
    増加する外国人観光客に商店街を楽しんでもらうために、英語版の商店街マップを作成し配布しています。
  • 高校生カフェプロジェクト
    高校生が主体となって運営を行う「高校生カフェSeed」の中核を担っています。



月1回のまち塾講義日に…
講義
月1回、社会で活躍する講師が各回のテーマに沿った講義を行います。主に地域づくりやコミュニケーションに関する、高校生にとって刺激的な講義が行われます。
また、クリエイトまち塾の講義は、ダイアログレクチャーという独自の方式で行います。これは、講師と塾生が対話しながら講義を進めるもので、双方向の講義により塾生の理解を深めることを狙って行うものです。

質疑応答・講師とディスカッション

講義のテーマに沿い、講師が主導となってディスカッションを行います。
講師によりワークショップに代える場合があります。
グループディスカッション
講師の講義から感じたことなどをクラスごとに自由に話し合います。



ホームルーム
 担任と副担任準備した趣向を凝らした活動をクラスごとに行います。
 この活動を通じて高校生・担任・副担任の相互関係を深めるほか、商店街を身近に感じてもらう機会となっています。
 クラス担任は、日ごろの活動などについての相談にも乗るほか、学校生活などの相談も受けているようです。
 また、最終成果物である企画提案(後述)の打合せや準備もこの時間を活用して検討します。


フィールドワーク
得た知識を効果的に吸収してもらうために、外部からの協力を得て、まち塾の中でフィールドワークを行うこともあります。また、7月にはフレッシャーズキャンプ、2月には合宿も行われます。
  • フレッシャーズキャンプ
    新しいメンバーを迎えて時間のたっていない時期にフレッシャーズキャンプを実施します。クラス内外のメンバーとの交流を深めるため、様々なレクリエーションが用意されています。
  • まち歩きツアー「まちてく」体験
    青森観光コンベンション協会の協力得て、地域の理解を深めるために実施しました。希望ツアーコースをもとに高校生メンバーを4グループ分けて、まち歩きツアーへ参加しました。
  • マリンフィールドワーク(2015年度)
    国土交通省 東北地方整備局の協力を得て、海とまちづくりの視点から青森港を俯瞰するべく実施しました。港湾業務艇に乗船し、青森港を一周し、担当者から青森港の現況をご説明頂きました。
  • 企画提案検討合宿(2014年度~2016年度)
    企画提案の準備も佳境に迫る1月下旬に合宿を行います。学校生活の合間となる土日にメンバーが一堂に会し、寝食をともにしながら、地域の未来を見据えた企画提案を検討します。



年度末に…
企画提案
 各クラスの最終成果物として、日頃の活動や講師からの講義を通じて学んだことを基に、3月にクラスごとに企画提案を行い、まち塾はフィナーレを迎えます。
 クリエイトは「三人称の提言より、一人称のまちづくり」というスピリットがあり、個々で行う企画提案も、高校生自身が行う企画を提案します。

2017年度企画提案テーマ「商店街が社会を変える方法」
 評価ポイント ①創意工夫 ②現実可能性 ③プレゼン技法
2014年度企画提案の様子(映像あり)
2015年度企画提案の様子
2016年度企画提案の様子(映像あり)

アクセス  >お問い合わせ メンバーの皆さんへ
Copyright © 2014- Aomori Wakamono project CREATE All Rights Reserved.