読売新聞青森県版  2014年2月17日
高校生作成 商店街マップ 青森の中心街47店舗
◆写真や店の印象紹介 「手作り感」好評 
 青森市で地域活性化の活動を行う高校生団体「あおもり学生プロジェクト クリエイト」が、同市中心商店街の店を紹介する地図「高校生がつくった 中心商店街 MAP」を作った。2000部作成し、1月に商店街に配ったところ、「手作り感がかわいらしい」と評判を呼んでいる。
 地図では、同市の「ニコニコ通り」「いろは通り」「昭和通り」の3商店街の47店舗を取り上げた。商店街側から持ちかけられ、高校生の商店街への理解と愛着を深めようと、昨年1月頃から高校生5、6人が放課後の時間などを使って店の取材を重ねた。昨年末に完成し、1月に約1000部を配った。
 店の写真や定休日などの他、「珈琲の香りにいやされます」、「夏には外まで店を展開し、開放感にあふれます」と高校生が感じた印象も載せている。地図は評判が良く、同市新町の手芸店「ナンデモヤ」店長の青木加乃子さん(52)は「地図を探して店に来た人もいた。初めてのお客さんがお店に来るきっかけになるかもしれない」と期待を寄せる。
 地図作りに携わった青森南高3年の塩越阿沙(あすな)さん(18)は「おしゃれなセレクトショップやカフェなど、自分たちが商店街の魅力に気づくきっかけにもなった。若い人たちも商店街に目を向けてほしい」と話していた。
 地図は、商店街の各店舗で配布している他、クリエイトのサイト(http://www.aocre.com/)からもダウンロードできる。残りの1000部は青森駅周辺の施設に配る予定だ。
Copyright © 2009- Aomori student project CREATE All Rights Reserved.