青森朝日放送  2013年10月14日
スーパーJチャンネルABA

高校生最強カレー王選手権大会

こちらは料理で勝負です。青森市では「高校生最強カレー王選手権大会」がありました。ユニークなアイデアと味、会場では高校生ならではの熱い戦いが繰り広 げられました。リンゴをすりおろし…せんべいを入れて…中には白いカレーも。こちらはおでん!?今回の主役は元気いっぱいの高校生。県内にある7つの高校 から7チームが参加しました。「高校生最強カレー王選手権大会」は自分たちで作ったオリジナルカレーの味を競い合って、一番、魅力的なカレーを決めるとい うもの。ただ、青い森鉄道沿線の県産品を使わなければなりません。鉄道の利用促進とブランド価値を高めることが狙いです。こちらは東奥学園高校の女子チー ム「ヤングシェフ」の「縄文おでんみそカリー」。食材は…??。この個性と工夫、見た目も珍しく、一番最初に売り切れていました。審査員は青い森鉄道など の関係者や試食をした一般の人たち。器が小さいこともあり何杯も食べられたようです。大会が始まって30分もしないうちに、1チーム70食の限定販売はほ ぼ終了しました。投票と審査の結果、最強カレー王に輝いたのは、東奥学園高校「ヤングシェフ」の「縄文おでんみそカリー」。「青い森鉄道カレー」に認定さ れました。今後、青森市古川の高校生カフェABCで販売される予定です。また参加したチームのレシピは県内の駅やアスパムなどで配布されます。

Copyright © 2009- Aomori student project CREATE All Rights Reserved.