河北新報  2013年6月9日
「高校生カフェ」オープン初日から盛況


  仕入れから調理、接客、売り上げ管理までを高校生が担う「高校生カフェ ABC」が8日、青森市中心部の多目的スペース「ブラックボックス」1階にオープンした。
 市内の学生団体「あおもり学生プロジェクト クリエイト」が街を盛り上げようと企画した。
 午前11時に開店すると、カウンターとテーブルの全20席がすぐに満席に。4人の高校生が立ち、「ご注文は何になさいますか」と張りのある声を出して接客した。
 青森市の主婦工藤八重さん(69)は「高校生の皆さんが初々しい。コーヒーもおいしい」と話した。店長の青森南高3年小泉佑奈さん(18)は「店員が連携して仕事ができた。商店街を元気にし笑顔があふれる街にしたい」と張り切っていた。
 営業は週末と祝日午前11時~午後4時。メニューはコーヒーや青森県産リンゴジュースなど5種類で順次増やす予定。


コーヒーを作る店長の小泉さん(右)

Copyright © 2009- Aomori student project CREATE All Rights Reserved.