朝日新聞(青森県版)  2013年5月26日
青森に高校生カフェ メニュー開発から運営まで

 青森市内の高校生が来月8日から、同市古川1丁目の商店街に土日限定の「高校生カフェ(仮称)」を開く。メニュー開発だけでなく、予算を組んでの「経営」も担う。
 メンバーは、市内中心街を拠点にイベントを企画したり情報を発信したりする団体「あおもり学生プロジェクト クリエイト」に所属する12人の高校生だ。カフェの席数は15席ほどで、長芋アイスやゴボウ茶、メンバーが漬けた浅漬けなどを提供するという。
 クリエイトは、青森南高出身で慶応大3年の久保田圭祐さん(20)らが、2009年4月に設立。高校生ならではの視点で青森の観光情報を紹介するサイト「あおもり話題チャンネル」の運営・更新や、10年12月の東北新幹線全線開通の前日に「開業前夜祭」として、JR青森駅近くのパサージュ広場で、クイズ大会やファッションショーを企画するなど、活動の幅を広げてきた。
 現理事長の久保田さんによると、高校生が経営までに携わるカフェは、全国でも珍しいという。久保田さんは「カフェの運営を通じて、青森の活性化を担う次の世代が育ってほしい」と話している。問い合わせは事務局(070・6642・4498)まで。(五月女菜穂)
Copyright © 2009- Aomori student project CREATE All Rights Reserved.