講演・視察  >寄付について  >メディアの皆様
クリエイトとは? 事業内容
参加者募集 実績
2020年1月1日
「2020年度成果発表会」の開催について

 特定非営利活動法人あおもり若者プロジェクト クリエイトでは2020年度成果発表会を来る3月14日(日)に開催いたします。
 まちづくりを通じた通年型社会教育プログラム「クリエイトまち塾」は、地域を巻き込んだ「一人称のまちづくり」を体現するものとして2014年度にスタートして以来、様々な場面で評価をいただいてきました。
 今年度は、新型コロナウイルス感染症の感染動向を見極めつつ、オンラインと対面を併用して、まちづくりの実践に取り組みました。参加した15名の高校生は、制約ある環境下においても、一生懸命に活動に励み、それぞれ成果と学びを得ることができました。当日は、その1年間の活動についてプレゼンテーションいたします。
 また、当日は「教育改革のこれからと、主体性の学びを考える」をテーマに、大学入試制度改革を先導した東京大学・慶應義塾大学教授の鈴木 寛氏などが登壇する公開シンポジウムを開催します。「主体性ある学び」を実現するにはどうすべきかを実践経験者を交えながら議論する機会で、教育関係の皆さま、まちづくり関係の皆さまにとって学びのある時間になればと考えております。
 ご多用中、誠に恐縮ではございますが、オンライン中継等により、ぜひともご参加いただけますと幸いでございます。

あおもり若者プロジェクト クリエイト
2020年度成果発表会・公開シンポジウム

○日時     2021年3月14日(日)13:00~17:45
○場所     アウガ5階 青森市男女共同参画プラザ「研修室」
○コンテンツ
■高校生によるまちづくり活動発表(13:00~14:45)

クリエイトまち塾に参加している高校生が3つのグループに分かれて、1年間に渡って取り組んできた青森市のまちづくりに関する取組の活動報告を行います。また、「イーハトーブまち塾」(花巻市)に参加した高校生による発表も中継します。

■公開シンポジウム(15:00~16:15)

初めての大学入学共通テストが1月に実施されるなど、本格的に教育制度改革が始まりました。間もなく、高校でも新しい学習指導要領が実施されます。学習における「主体性」が求められている今、「教育」と「まちづくり」のアプローチから「主体性ある学び」を考えます。 今回の教育制度改革を文部科学大臣副大臣・補佐官として主導してきた鈴木寛氏、当時の中教審委員だった柏谷弘陽氏、そして青森県内で主体性ある学びを実践してきた元県立高校長の山口章氏を招き、教育改革の目指す姿を考えます。

■審査員と高校生によるクロストーク・フィードバック(16:30~17:15)

高校生によるまちづくり活動報告について、審査員と高校生とのクロストークやフィードバックを行います。

■総評・閉会挨拶(17:15~17:45)


当イベントはオンライン配信も行います。来場参加・オンライン参加ともに事前登録が必要です。
 新型コロナウイルス感染症の拡大動向によっては、オンラインでの実施やイベントの中止をする場合がありますので予めご了承ください。会場では、同感染症の拡大防止の観点から、政府、自治体、関係諸機関等からガイドライン・要請・指示のもと、感染拡大の防止に細心の注意を払います。ご来場される皆様におかれましても、手洗いやマスクのご準備、うがいなど、 感染防止策へのご理解とご協力を頂けますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
来場お申し込みフォーム(オンライン)
ご案内ポストカード(PDF)
※ご来場しての参加は事前招待者限定となり、当ページからはオンライン参加の申し込みのみとさせていただきます。予めご了承ください。

アクセス  >お問い合わせ メンバーの皆さんへ
Copyright c 2014- Aomori Wakamono project CREATE All Rights Reserved.