講演・視察  >寄付について  >メディアの皆様
クリエイトとは? 事業内容 参加者募集 実績
これまでの活動 沿革 メディア掲載
2016年3月12日
浅田舞さんを迎え「クリエイトまち塾」を開講!


 特定非営利活動法人あおもり若者プロジェクト クリエイトは、3月12日にフィギュアスケーターの浅田舞さんを迎え、クリエイトまち塾特別編を開講しました。

 当日は、授賞式、活動発表会および青森の魅力を発信するイベントが行われ、YOUNG JAPAN ACTIONのスペシャルサポーターである浅田舞さんが青森県青森市まで応援にかけつけました。
 授賞式で表彰状を受け取った久保田圭祐理事長は「大賞を受賞した時は、びっくりしました。自分たちの活動が認めてもらったことに喜びを感じるとともに、高校生、スタッフともに、もっと頑張らないと、と気持ちをあらたにしました。クリエイトでは自分自身が主体的になって活動することをモットーに掲げていますが、今後は、よりいろんなところで展開できるように頑張っていきたいと思います。」と決意を新たにしていました。
 続いて行われた活動発表会は高校生ならではの視点を活かしたユニークな企画ばかりで、特別審査委員として参加した浅田舞さんも、とても驚いていました。発表会後は、高校生たちが青森の魅力を世の中に伝えるために“青森の魅力とどけ隊”を結成し、青森駅周辺で、青森の郷土料理やご当地グルメを観光客を中心に無料でふるまいました。けの汁やイガメンチ、棒パン、バラ焼きといった人気のご当地グルメ約350食は1時間ほどでなくなり、大勢の人が青森の魅力であるご当地グルメを楽しみました。
浅田舞さんは「高校生を対象にした地域活性と教育を両立したプロジェクトで、地元出身の大学生が中心となり、街の人も一緒になって青森の活性化を考えていくと聞き、クリエイトの活動にとても共感していました。参加している高校生たちは、自分の住んでいる青森が大好きで、地元の商店街について知ってほしいという強い気持ちもあり、地域の人と交流しながら若者ならではのアイデアを考えたり、勉強したりしていることにとても感動しました。このような活動がどんどん広がって、若い世代が自分の住む地域について真剣に考える機会がもっとふえていけば、これからの日本はとても良くなっていくのではないかと思います」と話していました。



Young Japan Action 浅田真央×住友生命 活動報告(住友生命ウェブサイト)
アクセス  >お問い合わせ メンバーの皆さんへ
Copyright © 2014- Aomori Wakamono project CREATE All Rights Reserved.