平成25年12月15日
第2回青森ゼミナールに協力

 あおもり学生プロジェクト クリエイト(東京地区)は、12月15日に東京都の「beez銀座」(中央区)で開催された第2回青森ゼミナール「東京の暮らし、青森の暮らし」に協力しました。

 青森ゼミナールは、当団体が構成団体を務める「若者からの青森学発進事業」の一環で、若者に青森を知ってもらうことと、若者が青森に帰ってこれる環境を整備することを目的に、青森県庁東青地域県民局地域連携部が主催しました。

 当日は2部構成で行われ、第1部では首都圏に在住している青森県人3名を囲み、参加者との意見交換が開かれました。第2部はAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」の青森版PVの撮影や首都圏版100人インタビューを実施し、総勢約30名が集いました。クリエイトのメンバーは、トークセッションの司会進行を務めたほか、100人インタビューの運営を主体的に担っています。

 イベントスタッフを務めた吉田涼香さん(大学3年)は、「地元に戻らず、首都圏に居ながら地元を応援する方法はたくさんあるのだと改めて感じ、今自分が出来ることをやることが地元への貢献になるのだと思いました。恋チュンもその一つだと思うので、完成がとても楽しみです!」と話していました。

 次回は2月22日に開催される予定です。また、「恋するフォーチュンクッキー」青森版PVは12月24日に完成する予定です。


会場の様子


ゲストスピーカーの話に耳を傾ける参加者の方々


100人インタビューを説明する田名辺一至さん(大学3年)


恋するフォーチュンクッキーのダンスを踊る参加者のみなさん
Copyright © 2009- Aomori student project CREATE All Rights Reserved.