講演・視察  >寄付について  >メディアの皆様
クリエイトとは? 事業内容 参加者募集 実績
理念 代表メッセージ 設立趣旨 組織概要 スタッフ・メンバー
Leader Column Archives
「大晦日に思うこと」
2011年12月31日
 2011年が終わる。この一年は、日本人の心が揺さぶられた年だったと思う。
 東日本大震災や平成最悪の台風被害などの災害。刻一刻と増えていく死者数、テレビに映される悲しみを見て、涙が溢れた。悔しい。
 なでしこジャパンの優勝。決して恵まれているとはいえない環境の下での日々の精進が、結実した。澤穂希選手がトロフィーを持ちあげた映像を見て、感動した。よかった。
 はやぶさデビュー。流線状の車両、快適な車内、時速300キロというスピードに新時代を感じた。かっこいい。
 青森県人の大ニュース、光星学院大活躍。夏の甲子園では42年ぶりに県勢決勝進出、そして神宮大会での県勢初優勝に県民が沸いた。じゃわめいた。
 青森県人は、盛大に大晦日を祝う。理由は定かではない。新鮮な地場の食材を使った旨そうな正月料理を見て、正月まで待てないからだろうか。
 旨い料理を食べながら、一年を振り返り、皆に感謝する。誇るべき文化だと思う。
 この一年、多くの悲しみがあった。でも、多くの喜びもあった。除夜に旨い料理を食べながら思うのは、「来年も、良い年でありますように」。

(このコラムはあおもり話題チャンネルの「あすなろの森から」に掲載されたものです。)
久保田 圭祐
  • 高校2年生のとき、高校生団体「クリエイト」を設立。2014年4月からは特定非営利活動法人あおもり若者プロジェクト クリエイト理事長。
  • 1992年青森県生まれ。古川中学校、青森南高校卒、慶應義塾大学総合政策学部3学年在学。
  • 中学・高校時代は演劇部に所属し、高校2年次には主演演劇作品が第42回東北地区高等学校演劇発表会で優秀賞一席を受賞し、第4回春季全国高等学校演劇研究大会に出場した。趣味は旅行、飛行機
  • このほか、青森県庁「活力と魅力あふれる東青地域づくり検討会議新幹線全線開業賑わい部会」委員などを歴任。
アクセス  >お問い合わせ メンバーの皆さんへ
Copyright © 2014- Aomori Wakamono project CREATE All Rights Reserved.